ミスマッチは機会損失

スポット的な仕事で歌手を募集する事があるのだがこれがなかなか難しい。
結局のところほとんどが「ミスマッチ」になる。
こちらが具体的に詳細を伝えないとなおさらだ。

応募者もそこそこいたりするが各自に能力がないというのではなく
こちらの用意した楽曲と一致しない、それだけだ。

さて、募集して気付いたのだがこちら側からして
とても困るのはサンプルがない事。
これはもうその人にお願いする理由が発生しない。

その次はサンプルが少ない人。とりあえず1曲だとこれも
選考するのは難しい。
あとはニコ動のように会員でないと見られないサイト。
せめてYouTubeやサウンドクラウドのように誰でも見られる
サイトに誘導する方がいいだろう。
ログインできなかったりパスワード入れるのが面倒で
そこでもう見たくなる事も正直ある。

総じて言うと知らない人がパっと見てこの人は
どんな歌を歌っているんだろうというのがわかるサイトを
作ったほうがいい。

仕事レベルでしっかりやってる人は必ずそういったサイトを持ってます。
特に個人でやっていきたいのであれば必須でしょう。
仮にニコ動で活躍していても一般向けのサイトがあるといい。

これは社会人としての信頼度にも関わる。
ネットでやりとりするのでニコ動だけではさすがに
連絡する気にはなれない。少なくとも私はだが。

と言う事で歌に限らず個人で仕事を受けたいというならば
格好悪くてもいいので自分が何をしているかわかる
ページがあるといいでしょう。

人を探す立場になるとよくわかりますよ。

フォローする