出版社業務始めました

出版社業務始めました。

ゲーム音楽作家とゲーム会社の収益に少しでも貢献できればと思います。

著作権権利団体(要するにJASRACとかNexTone)に信託している作家は
面倒なのでゲーム音楽に起用されないという傾向にありました。
そこでこっそりとペンネームを変えてJASRACにばれないように
ゲーム音楽の制作に関わっていたわけです。

また自社の曲を使用するにもいちいち申請したり
使用料をJASRACに払うのではないか?
という懸念があり楽曲を信託する事を避ける傾向にありました。

しかしながら最近はゲームソフトに同梱されるCDに対しては
使用料の免除を受ける事もできます。
またゲーム会社が発売するCDに対して関わる権利者全員の同意があれば
使用料を免除する事ができます。
配信に関しては特定ゲーム以外権利者の指値になるので
使用料をゼロにすれば使用料免除と同じ効果が得られるのです。

また、支分権によって権利を預ける範囲を細かく決められるので
例えば業務用カラオケだけにしておけば後は従来通りの
使用法で気兼ねなくできるという事です。

JOYサウンドのカラオケでは権利団体に登録してない楽曲は
どんなに歌われても料金が権利者に還元されません。

また、放送で使われる楽曲はそもそもが管理団体に委託されてる曲がほとんどです。
要するにわざわざゲーム会社や個人に承諾を取っていられないんですね。
ましてや彼等に聞いても権利がどこにあるのかわからないものは
使われる事も考えられません。

結論として管理団体に預けても例えばゲーム音楽であれば
ゲーム会社が困るような事はないのではないか?と思ってます。
もっとも全ての権利を買い取りたいという場合は別ではありますが。

ゲーム音楽作家の方もこのような選択肢も踏まえて
制作に臨んではいかがでしょうか?
もちろん、買い取りが「悪」というわけでは全然ありません。
例えばエロ全開の曲であればまずiTunesに配信する事が無理です。
歌詞の内容によってはカラオケも無理な場合があるでしょう。
放送にも使えないとなると二次使用の部分で大きな期待ができない事も予想できます。
このような場合はいわゆる買い取りがベストだったりします。
そもそも買い取りでお金を出す側もリスクがあるんです。

また、過去の作品に関してはゲーム会社の他に出資者がいる場合などがあり
実質的な権利者が曖昧な場合があります。
そういった作品に対して著作者だからオレの物というのはあまりにも乱暴すぎます。
そもそも過去の物に後出しで権利を主張するのも筋が違うでしょう。

今後作られる曲に関してはこうした選択肢を含めた
制作のあり方が望ましいと思っています。

と言う事で
作家様やゲーム会社様。権利関係がクリアになっている楽曲がありましたら
当スタジオで管理団体への委託をしカラオケ配信などのお手伝いを
いたします。是非御連絡ください。

また今後制作する楽曲で自分の作品を登録して
使用料を回収してみたい、という作家さんも
是非一度御連絡ください。

その後発生した使用料をゲーム会社、作詞、作曲家様などの権利者に
還元いたします。
まだゼロの状態ですが当スタジオでは今後こうした楽曲を増やして
行きたく思っています。

カラオケ要望があるのに配信されていない、という楽曲も多いと思います。
金を払ってでも歌いたいというファンは結構いますので
ファンの為にも改めて検討されてはいかがでしょうか?

またこのような理念に共感していただける
作家さんからの連絡もお待ちしています。

フォローする