音楽著作権における支分権とは?

楽曲をJASRACなどに信託する際にその曲の権利の範囲を
どれとどれにしようか、というのが選択できる。
録音権、出版権、貸与権などとあってさらに録音権の中に
映画、ゲーム、広告、放送など細かく分かれている。

この楽曲は放送のみで他の楽曲は放送とカラオケで
などといくつかパターンを作れるのだ。
なので、例えばとあるゲーム主題歌をカラオケと
放送で信託したらカラオケで歌われた分と
放送で使われた分だけ作家など権利者に
使用料が還元される。

さて、JOYSOUNDなどのリクエストで権利者の都合で
配信できない曲もあります、とあるがあれは
どこにも信託していないとそうなる事が多い。
わざわざ権利者に確認するのも大変だからな。
逆にカラオケとしてJASRACやNexToneに信託されていれば
使ってOKという事なのでリクエストは通りやすくなるわけだ。
美少女ゲーム主題歌がカラオケで少ない理由としては
このような事があるからなのである。

こうした支分権を使い分ける事によって
自社で専売にしたりカラオケや放送のように
とても管理できない部分は管理団体に預けて
使用料を受け取るという選択ができるのだ。

もっとも、カラオケでも放送でも需要がないと
大きなリターンはないのだが、それでも資産を
タンス預金していても利息は生まない
という考えで預けておくのがいいんじゃないか?と思う次第である。

当スタジオでは買い取りのみならず積極的に
管理団体に楽曲を預けてロイヤリティを発生させるという
理念に同意していただける作家さんの連絡をお待ちしています。

フォローする