自分だけ・・・ではダメなんです

ゲーム音楽をもっとユーザーに届くように(特にカラオケ)
かつ権利者に使用料を還元しよう、という理念で
積極的に管理団体に登録しましょう、という声を上げてるのですが

オレは作家だから全部自分に還元しろ!

ではダメですよ。さすがに乱暴すぎるでしょう。

ゲームでもアニメでもその媒体に乗っかっているおかげで
曲がリスナーに届く、あるいは好きになってもらえる
という構図が成り立っているわけです。

単独で曲を作って売るのはなかなか大変です。
ヒット曲の多くはドラマ、アニメの主題歌だったり
最近で言えばオリンピックの番組のテーマだったり。
そういったメディアやコンテンツに乗る事で
ヒットするというパターンが多いわけです。

言い換えるとゲーム、アニメ曲の権利関係が複雑さは
こういうところにあるとも言えますね。
ゲーム会社、アニメ制作会社や他の出資者がいるので
音楽を含め関わったコンテンツは一人の物とは
言えないんですね。

なので、特に作家の方はそれを理解して
その上で著作権の交渉をするといいでしょう。
厳密には著作権は作った時点で作家にあります。
とは言え楽曲を二次使用して料金徴収するとなれば
やはり権利がある方々にお伺いを立てて話しを進めるのが筋ですね。

当スタジオでは買い取りのみならず積極的に
管理団体に楽曲を預けてロイヤリティを発生させるという
理念に同意していただける作家さんの連絡をお待ちしています。

フォローする