コンテンツIDを利用して楽曲の収益をアップする

先日NexTone社へ行ってきました。二回目です。今回はコンテンツIDの登録に関してです。コンテンツIDとは自分のオリジナル曲やPVなどの動画データをあらかじめYouTubeに登録する事で第三者が違法アップロードした際に警告を送る事ができるシステムですね。削除、広告を付けさせるなどいくつかのパターンを権利者が選べます。広告を付ける際はその収益が権利者にも入る仕組みなのでこちらのコンテンツを使っているものの悪質ではないサイトとは共存しながらやっていけるという考えです。なんでもかんでも削除よりはこうした考えの方が幸せですね。ただし曲のフルverをアップするのはさすがにいかんですね。こっちからしてみれば商品価値がなくなりますからね。

という事でこの仕組み、なかなかいいですね。使わない手はない。著作権登録しておけばそっちでも使用料を徴収できます。CDが売れないとか楽曲が売れないとか言ってないでこうした制度をどんどん使いこなすべきですね。廃れるものがあれば新しく出てくるサービスや制度があるってものです。当スタジオでは楽曲制作からの流れでiTunesなどの配信サイトへの登録、著作権登録、コンテンツIDの登録と一本化できるので簡単に楽曲の収益化の流れが組めます。

これからもこうしたシステムを使った楽曲や参加作家も増やしていきたいと思います。理念に賛同してくれる作家さんからの連絡もお待ちしています!

フォローする