作曲家 上原一之龍の日々のお仕事紹介。ゲーム・アニメ・劇伴の作曲。自社レーベルのCDの制作販売及び楽曲管理が主な業務。

Studio Ichinoryu

著作権

著作権を有効活用するべし

投稿日:

ゲーム音楽ではとかく著作権登録には抵抗があったり何かと面倒なイメージという事で敬遠される事が多い。これは実はゲーム会社がよく理解していないといのもあるが何より作家で理解してない人が多いのもわかった。ゲーム会社的には普段の販促などで利用制限があったりサントラを出す際に録音料を払ったりするのではないか、という事なのだがこれは正しい登録をすれば一切そんな事はないのだ。まず、曲を出版社経由で登録する。そしてその出版社はゲーム会社の普段使用に影響のない事業部をを作る。例えばカラオケと放送だけとか。ここで録音を含めるとサントラ作る際にCD制作者がプレス枚数と曲数に応じて著作権管理団体へ支払をしなければならない。なので、自社で作るならわざわざ録音権を入れなくてもよいだろうという考えだ。例えばこんな感じ。

これは該当曲がレンタルCD(貸与)とテレビラジオ(放送)で使われた際にだけ著作者に使用料が入るという事だ。それを作詞、作曲などの著作者に支払するのが出版社の役目だ(ざっくり言うと)JASRACの個人メンバーだとこれができないので名前を変えたりしてやってたりもする。こうした扱いをすれば業務に支障がなくかつ第三者利用があった場合は使用料が支払われるので著作者のモチベーションにも繋がるという事だ。

放送局はJASRACに年間で包括して使用料を払っている。なのでJASRAC管理楽曲は使い放題なわけだ。逆に言うと管理されてない曲は原則使わない。要するにゲーム曲で素晴らしい曲があっても使われる事は基本ないのだ。そもそも同じ音楽なのにこういう扱いをしてはもったいないではないか。

著作権登録をすれば例えばCDを作った際にJASRACやNexToneのマークを入れられる、そうすると放送で使っていいよ、という事になり可能性は広がる。第三者利用というのはお金を出したくてもその曲を買いたい、カラオケであれば歌いたいという人がいるって事だ。CDを買われるのと全く一緒だ。コミケやライブでCD売るというのも結構だがこういった事も普段考えてはどうだろうか?

自分が起業したのもこうした理由からだ。親しいゲーム会社にはこうした著作権の仕組みを理解してもらってる最中。

-著作権

Copyright© Studio Ichinoryu , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.